スーパーフードの王様「マヤ文明の知種(チアシード)」

世界的に注目されるスーパーフードの王様 謎の古代文明 発展の秘密奇跡の種

チアシード知種

チアシード

古代の賢人達からの贈り物… 栄養価の高い成分で、

現代社会を生き抜けろ

知種の歴史を が紐解く…

チアシードの食用としての歴史は古く、紀元前3500年ごろにはアステカ族やマヤ族の人々にとって重要な栄養素とされていました。チアシードの用途は広く、穀物として食されるのはもちろん、薬や塗料(顔・体用)としても使用されてきました。
チアはマヤ語で「強さ」。すなわち「強さの種」と呼ばれていました。言い伝えでは、大さじ1程度のチアシードを食べれば、1日生きながらえることができたそうです。

ところが16世紀になって、スペイン が占領した後は、アステカの宗教と関連があるとして、チアシードは弾圧されることになり、歴史の表舞台から消されてしまいました…
しかし僅かに残された南米大陸の中央でチアシードの栽培は続けられていました。

1990年代、アメリカのあるNPOの活動がきっかけとなり、チアシードを大量生産しようという試みが行われました。結果的にこの試みは成功し、アメリカのテレビ番組でチアシードを取り上げるなど商業的にも成功を収めるに至りました。
2005年より、西オーストラリアにある世界最大規模のチアシードファームでの栽培に成功し、これをきっかけにチアシードがオーストラリア国内でも広く食されるようになってきました。2006年、日本ではテレビ番組でチアシードの持つ美肌効果、ダイエット効果が放送され、チアシードブームが起こりました。現在も、チアシードのダイエット効果は勿論ですが、それ以上に期待されるチアシードの優れた健康効果が注目されています。健康に気を遣い、サプリメントを摂取することが一般的なオーストラリアですが、食事の中で必要な栄養素を摂る事を心がけることも忘れません。味に癖がなく、食事や飲み物に簡単に加えることの出来るチアシードは現在存在する最高の食材であると言えます。

古代のアイデア源を喰らえ!栄養満点!栄養価の高い「力種」 ホワイトチアシードの栄養を食品に置き換えると

たんぱく質キヌアの1.4倍

食物繊維ごぼうの5.5倍

こんなに膨れるから 少量で満腹に! 約12倍!

チアシードスプーン1杯あたりの 栄養素と膨潤率

白(ホワイトチアシード)チアシードスプーン1杯あたりの膨潤率約10〜14倍

黒(ブラックチアシード)膨潤率約8〜10倍

ドリンク・プロテイン and more! こりかたまった現代人よ! 古代のアイデア源は

チアシード×エナジードリンクいつものエナジードリンクに スプーン1杯の知種をIN!

こ う 喰 ら え

チアシード×プロテインプロテインにスプーン1杯の知種をIN!   トレーニングの共とせよ!

覚醒めよ、現代人の頭脳

己に眠りし真の知力を 今こそ開放せよ!

己に眠りし真の知力を 今こそ開放せよ!

踏み出せ、新世界。